なぜ、お酒やアルコールが便秘解消・改善に効果があるのか?

この記事は約 3 分で読むことができます。

2014-12-25_112425-compressor

普段お酒を飲まれますか??もし、あなたが飲まれるとしたらこんな経験ありませんか。

お酒を飲んで翌日あたりに、二日酔いとは別にお通じに変化を感じる…便秘だったのにすっきりしたり、はたまた下痢気味になったり。

私自身も経験があるんです^^;

お腹が張っていたときに飲み会があると、次の日すっきりします。

下痢気味になると逆につらくて問題ですが・・・、実はお酒は便秘に良いと言われています!

便秘に悩んでいるお酒好きの女子には朗報ですね^^

お酒に含まれるアルコールが関係しています。アルコールは刺激物質の一種というのは有名な話。

適度な刺激が血行促進にも効くと言われていますが、同じように腸を刺激する作用もあります。

刺激されることで、腸内の宿便に含まれている水分が蒸発する前に便がスルッと排出されていきます。

これが、お酒による便秘解消効果の仕組みになっています。

今すぐにでも試しみたい方法ですが、お酒が苦手な人はムリに試す必要ありませんからね(;´∀`)

牛乳を飲むと便秘の原因になるってホント!?解消する効果はウソなの??

ビールなどの炭酸入りのお酒がおすすめ!

お酒と一口に言っても、いろんな種類がありますよね!日本酒やウイスキー、ワインも美味しい!

寒い日は熱燗も美味しいですが、便秘解消の効果を求めているなら、ビールなどの炭酸系のお酒がおすすめです!

なぜかというと、炭酸による刺激も加わるので相乗効果に期待できるからです。

ビールなどの炭酸入りのお酒なら、アルコールの刺激と炭酸の刺激、2つの異なる刺激感で、より腸の蠕動運動が活発になり排便がスムーズになると言われています。

ビールの苦みが苦手ならチューハイの甘いお酒でも、もちろん同じように効果があるのでおすすめです。

おつまみには枝豆や海草サラダがおすすめ!これらのつまみは食物繊維を含んでいるので、さらに腸内環境が良くなります。

もしお酒が苦手なら、無理にお酒を飲まなくても炭酸飲料でも同様に効果が期待できます!

アルコールの効果は得られませんが、炭酸による刺激を利用して便通を良くすることができます。

便秘に悩んでいるなら試してみる価値はありますよ。

飲み過ぎや就寝前の飲酒は良くない

お酒が便秘に良いのは本当ですが、たくさん飲むものではありません。お酒は百役の長とも言われますが、『万病の元』とも言えます。

少量のアルコールなら適度に刺激があり、便秘や体に有益な働きがあります。

しかし、大量に飲むのはNG!言わずもがなですが、健康に悪いです。

飲み過ぎると肝機能が低下して肝障害から、血管障害などさまざまな病気の原因になります。

毎日のように飲むべきではありません。1度に大量摂取もダメ。

必ず休肝日を作り、1日に飲む量を決めてお酒を楽しむようにしてくださいね。

また、就寝前の飲酒もおすすめできません。

よく「寝酒」と言いますが、寝酒は体に良いものではありません。この飲み方は高血圧や心筋梗塞のリスクを高めてしまいます。

はたまた、お酒はカロリーや糖質も高いので寝る前に飲むと太る原因に・・・。

『百害あって一利なし』という感じですね(;´∀`)

寝る直前に飲むとお酒も引きずりやすく、二日酔いになりやすいので気を付けてくださいね。

便秘が原因で肝臓が悪くなる理由とは??※そのまま放置するとヤバイ!!

【重要】便秘を治したくない人は見ないでください!

乳酸菌EC-12サプリ
1400万袋突破している久光製薬のサプリ。どうしてもスッキリできない方はコレ!
オリゴ カイテキオリゴ
日本一売れているスッキリ対策オリゴ糖。全額返金保証付きです。
カルグルト
人気急上昇のスッキリサプリ。
 
※便秘を治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】便秘対策サプリランキング!【ベスト3】