えのき茸は便秘解消に効果ある?副作用・注意点は??

この記事は約 3 分で読むことができます。

enoki-compressor

えのき茸は便秘に効果があるって聞いたことありますか?

割と有名かもしれませんね。最近はテレビなどメディアでも取り上げられていますし。

ズバリ・・・効果があるか、ないかでいうと・・・あります!

友達が便秘対策にえのき茸を試したところ、スッキリしやすくなったようです^^

もちろん、えのき茸だけを食べたのではなく、バランスのいい食事や運動、サプリなども取り入れたようですが、

えのき茸を夕食に取り入れて、がっつり食べた次の日は気持ちよく出たとのこと。

便秘薬のように強烈に効いてお腹が痛くなることもなく、自然にお通じがきたのが嬉しかったようです^^

それで、どうしてえのき茸が便秘に効くのか調べてみたところ、「キノコキトサン」という成分を知りました。

キノコキトサンはきのこに含まれる多糖類のことで、食物繊維なんです。

食物繊維が便のカサを増して、お通じを良くするのは有名な話です。これがたっぷり含まれているから、えのき茸は便通の改善に良いそうですよ。

えのき茸の効果・効能とは?

えのき茸は便秘以外にも効果があります!

キノコキトサンという成分の働きからすると、

  • ダイエット
  • 細胞の活性化
  • 免疫力アップ
  • デトックス
  • 血管細胞の活性化
  • 高血圧の予防

などなど。

さらにコレステロールを下げたり、消化器官を健康に保つなどの効果に期待することができます。

有名な効能ではやっぱり、便秘解消やダイエット効果ですね。

キノコキトサンは「βグルカン」を含んでいて、これがダイエットに有効なのだそうです。

これだけでなく、ナイアシンやビタミンなどさまざまな栄養を含んでいるからこそ、さまざまな効能があるそうです。

ちょっと前に「えのき氷」なるものが流行りましたが、これも納得・・・。

こんなに体に良いことがあるなら、えのきを食べて損はなさそうですもん!

私的にえのき茸は食べごたえもあるので、満腹感も得られてダイエット中にもおすすめです。

舞茸もそうですが、意外ときのこ類はさまざまな効能があるので積極的に摂っていきたい食材ですね!

えのき茸のおすすめの摂取方法。副作用・注意点とは?

えのき茸はガン細胞抑制などの効能もあると言われていて、とっても注目を集めています。

今晩からでも取り入れたい手近な食材ですが、その前に摂取方法は注意点もしっかり理解しておきましょう!

まず、基本中の基本ですが、えのき茸は生では食べられません!

食事に使うときは必ず加熱してくださいね。野菜炒めに、味噌汁、鍋、和え物などなど、えのき茸は使い方がイロイロ!

汁ものにすると、水溶性のビタミンもちゃんと摂れるので一番おすすめです^^

また、流行したえのき氷も良いと思いますよ。使いたい時に手早く使えるし、保存性が高いですからね。

ちなみに、前にテレビで聞いたことがあるのですが、キノコ類は冷凍した方が栄養成分が高くなるらしいです!

最後に注意点ですが、高カリウム血症・腎機能低下・お腹が緩い人は食べ過ぎに気を付けてくださいね。

逆に体に良いどころか、悪影響が出てしまう可能性が。。。

キノコ類の食物繊維は不溶性食物繊維なので、逆に便秘になるリスクもあるんです!

えのき茸は万能な食材ですが、適量を心がけてください。一度にたっぷり食べるのでなく、こまめに摂るように!

【重要】便秘を治したくない人は見ないでください!

乳酸菌EC-12サプリ
1400万袋突破している久光製薬のサプリ。どうしてもスッキリできない方はコレ!
オリゴ カイテキオリゴ
日本一売れているスッキリ対策オリゴ糖。全額返金保証付きです。
カルグルト
人気急上昇のスッキリサプリ。
 
※便秘を治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】便秘対策サプリランキング!【ベスト3】