バナナを食べると便秘解消できる?逆効果になることも!?

この記事は約 4 分で読むことができます。

banana-compressor

便秘になったらバナナを食べなさい!

子供の頃、お通じが悪くなると口癖のように言われていました^^;

当時は無理やり食べさせられていましたが、結果的にお腹の調子が良くなった記憶があります。

バナナを食べると便秘解消できる?

バナナは便秘解消に役立つ果物だと言えますが、実は熟れ具合によって効果に違いがあるんです!

 青バナナ

aoibanana-compressor

バナナにはもともと整腸作用のあるフラクトオリゴ糖が含まれているので、どの状態のバナナでも便秘対策には有効なのですが、

とくにオススメなのが青バナナです!

未熟な青バナナはフラクトオリゴ糖に加えて、消化されにくいでんぷん質、レジスタントスターチが含まれているからです。

レジスタントスターチは食物繊維の一種で、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方の作用があることから、便秘解消により適しているのです。

腸に届いたレジスタントスターチは、悪玉菌を抑え、善玉菌を助けるだけでなく、大腸がんの予防や中性脂肪を抑える働きにも期待できます。

 黄色バナナ

kibanana-compressor

熟してきた黄色いバナナは栄養価が一番多い状態です。

ビタミンB群やミネラルが豊富で、抗酸化作用があることから、アンチエイジングなどの美容効果や疲労回復に期待できます。

さらに、即効性の高いブドウ糖も多く含まれているため、ハードなスポーツをされる方や体調が悪い方の栄養補給にもぴったりです。

プロスポーツ選手の中には、試合中にバナナを食べる方もいるくらいなので、その有効性の高さには期待できますね^^

 茶色~黒色バナナ

kurobanana-compressor

茶色~黒色の完熟した状態のバナナには、黒い点の部分(シュガースポット)に「リン脂質」という珍しい成分が含まれています。

リン脂質は胃の粘膜に吸着し、酸から胃を守るので、胃潰瘍になりにくくする作用があります。

不規則な生活や食べ過ぎ、過剰なストレスなど、普段から胃に負担をかけている方は、茶色~黒色のバナナを積極的に摂取されてくださいね。

バナナを食べても便秘解消しない!?

バナナは便秘対策に有効な果物ですが、「食べてるけど全然出ない・・・」という方もいるんです!

バナナには体を冷やす作用があるため、冷え性の方が食べると胃腸に悪影響を与えます。

冷えは「腸のぜんどう運動」の働きを鈍らせるので、排便しづらくなり、便秘を悪化させてしまいます。

バナナはもともと熱帯地方の作物なので、体に熱がこもりやすい方には有効なのですが、冷えやすい方には向いていない果物なんです^^;

とはいえ、冷え性の方でも有効なバナナの食べ方もあるんです!

それは、、、

焼きバナナです!

バナナをそのまま食べるのではなく、焼いたり温めて食べることで、冷えを防ぐことができます。

こちらのレシピを参考にされてください^^

★3分でできる焼きバナナ

1、バナナ1本を剥いて4つに切り分ける

2、両面を焼く

3、焼き目が付いてきたら水(大さじ2杯)と砂糖(大さじ1杯)を入れる

4、全体にからめれば出来上がり

でも、バナナは食べたくない…他に何かない?

バナナを食べたくない冷え性の方は、生姜湯がおすすめです。

生姜に含まれるジンゲロールとショウガオールは、血行促進させる作用があるので、体を芯から温めてくれます。

内臓が温まれば、「腸のぜんどう運動」も活発になるので、冷えが原因の便秘解消には役立ちます^^

同時に、乳酸菌やビフィズス菌も摂取したいところですが、冷え性の方がヨーグルトをそのまま食べると、かえって冷えを悪化させるので注意が必要です!

ホットヨーグルトにして食べたり、乳酸菌サプリを利用するなど、冷えない便秘対策をされてくださいね。

なぜ、冷え性が原因で便秘になるのか?

まとめ!

青いバナナを食べると効率的な便秘対策ができます。ただ、冷え性の方は焼きバナナに調理するなど、体を冷やさない工夫が必要です。

便秘解消のためには、バナナだけではなく、腸内の善玉菌を増やしてくれる、乳酸菌やビフィズス菌の摂取も忘れないでください。

【重要】便秘を治したくない人は見ないでください!

乳酸菌EC-12サプリ
1400万袋突破している久光製薬のサプリ。どうしてもスッキリできない方はコレ!
オリゴ カイテキオリゴ
日本一売れているスッキリ対策オリゴ糖。全額返金保証付きです。
カルグルト
人気急上昇のスッキリサプリ。
 
※便秘を治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】便秘対策サプリランキング!【ベスト3】