便秘で肥満になる原因!太ると病気リスクが高くなる!!

この記事は約 4 分で読むことができます。

himan1-compressor

便秘になると、肌荒れや膨満感といった症状が表れるだけではなく、肥満にもなるのです!

その原因は、以下の3つの理由が考えられます。

 消化・吸収が悪くなる!

便秘になると、食べ物の消化吸収が悪くなります。

腸内に便が溜まり過ぎていると、これ以上溜まらないように、自然と消化吸収が遅くなります。

消化吸収が遅くなると、より多くの栄養が体内に取り入れやすくなるため、気付かないうちにカロリーを過剰に摂取してしまう可能性があります。

また、現代の食事には栄養が豊富に含まれているため、普通の食事をとっていてもカロリーオーバーになりやすいです。

 新陳代謝が悪くなる!

便秘になると代謝が落ちます。

消化吸収が遅くなると、その分内臓の働きが緩やかになります。

内臓が働きが悪くなると、カロリーが消費されにくくなるため、肥満になる可能性が高くなるのです。

 皮下脂肪が付きやすくなる!

便秘になることで消化吸収が遅くなった腸には、行き場のなくなった水分や栄養が溜まり、皮下脂肪として体内に蓄えられます。

皮下脂肪は運動などによって落とすのが難しいため、肥満の原因になるのです。

便秘による肥満が悪化すると、疲労感や睡眠不足を起こし、生活のリズムを崩しやすくなるため、1日の消費カロリーが低くなります。

そうなると、さらに太るという悪循環に陥ってしまう可能性があります!

また、体臭、口臭、冷え、むくみ、近年大腸がんの患者が増えていることも、便秘に原因があるのではないかと言われています。

便秘による肥満で悩まれている方は、早めに便秘改善するように心がけましょう。

肥満を甘く見てはいけない!

上に書いたように、便秘による肥満を放置しておくと病気の原因になります!

では、便秘による肥満から、多くの皮下脂肪や内臓脂肪が付くことで、一般的な肥満に悪化するとどうなるか分かりますか?

詳しく知りたい方は、以下を参考にされてください。

日本人の肥満率は4.5%と世界でも低い部類に入りますが、肥満に悩んでいる人は増え続けており、肥満が原因の病気にかかる人も多くなっています。

肥満はただ太っているだけでなく、多くの病気のリスク高めることになります!

 糖尿病!

もっとも起こりやすい病気は、糖尿病になります。

糖尿病とは、血液中の血糖値が上がり、血管や神経を侵す病気のことで、

糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害などさまざまな合併症を引き起こします。

 動脈硬化!

肥満になるとコレステロールの量が増えるので、動脈硬化になりやすくなります。

動脈硬化とは動脈が固くなる症状で、悪化すると血管を詰まらせ、心筋梗塞になる可能性があります。

心筋梗塞は突然死を起こしやすくなるので、くれぐれも注意されてください!

また、心不全、高血圧、狭心症、脳梗塞、脳出血などの原因にもなります。

動脈硬化は沈黙の殺人者と呼ばれ、症状が表れるまで気づきにくいという特徴もあります。

 変形性膝関節症!

肥満は変形性膝関節症も引き起こします。

肥満になると体重が重くなり、膝や足に負担がかかります。

ひざの関節には軟骨がありクッションの役割を果たしていますが、肥満状態が続くと軟骨がすり減って痛みを感じるのです。

 脂肪肝!

肥満によって肝臓に中性脂肪が溜まると、脂肪肝になります。

もともと肝臓には5%程度の脂肪がありますが、30%を超えると脂肪肝として治療が必要になります。

最初は疲れやすい、肩が凝るといった軽い症状ですが、進行すると肝硬変や肝臓がんになるリスクもあります。

 高血圧!

肥満の方は高血圧にも注意が必要です。

高血圧によって心臓肥大、心不全、動脈硬化などが引き起こされるからです。

このように、肥満になると大病を起こす可能性があるので、食生活に注意して体重をコントロールしましょう。

【重要】便秘を治したくない人は見ないでください!

乳酸菌EC-12サプリ
1400万袋突破している久光製薬のサプリ。どうしてもスッキリできない方はコレ!
オリゴ カイテキオリゴ
日本一売れているスッキリ対策オリゴ糖。全額返金保証付きです。
カルグルト
人気急上昇のスッキリサプリ。
 
※便秘を治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】便秘対策サプリランキング!【ベスト3】
便秘で肥満になる原因!太ると病気リスクが高くなる!! はコメントを受け付けていません。 便秘と病気関連