豆乳を飲むと便秘解消に効果ある!?先に知っておきたい副作用とは??

この記事は約 3 分で読むことができます。

2015-01-12_074139-compressor

便秘解消に効く飲み物といったら『牛乳』よりも『豆乳』が話題です!

実際、ネットで調べてみると、

「毎朝コップ1杯飲むようにしたら便秘が治った」「何日も出なかったのに豆乳を飲んだらスッキリ」

などなど、便秘が改善できたという声がたくさんありました!

それではなぜ豆乳が便秘解消に効果があるのか?理由を調べてみました。

まず、豆乳は「大豆」から作られています。

大豆は食物繊維が豊富なので、これが便の量を増やして便秘解消に役立っているそうです。

これだけが豆乳の便秘解消効果の理由ではありません。豆乳はオリゴ糖やマグネシウムも豊富です。

便秘解消食品としてもオリゴ糖食品って流行ってますよね!オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになります。

つまり、善玉菌を増殖させて悪玉菌を減らし腸内環境を整えられます!

腸内環境が整えば便通も正常になり、便秘にも下痢にもならず快便になることができます^^

さらにマグネシウムは大腸の水分を収集する働きがあるので便が柔らかくなります。

便秘は便が硬いほど起こりやすいトラブルなので、マグネシウムの働きが便秘には有効。これらの成分が相まって、豆乳は便秘解消に効果的なんです!

牛乳を飲むと便秘の原因になるってホント!?解消する効果はウソなの??

豆乳の効果は便秘だけじゃない!

豆乳の原材料といえば大豆。

大豆といえば、女性の体に有益な効果があることは有名ですよね。なので、豆乳は便秘以外にも女性にとって嬉しい効果がたくさんあります!

たとえば・・・。「ムダ毛が薄くなる」「バストアップ!」という効果です。

そもそも体毛が濃くなる原因の一つは、女性ホルモン不足です。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンと同じような働きをするので、体毛対策になります。

もちろん、個人差がありますが、抑毛効果があるので豆乳は専用のケア製品にも使われています。

バストアップの方も、大豆イソフラボンの効能です。女性らしさが上がるので、バストアップにも効果が期待できるとのこと。

それから「美肌効果」です。

大豆イソフラボンの他に、ビタミンEやミネラル、サポニンなどの栄養素がバランスよく含まれているので、毛穴を小さくしたり、吹き出物対策効果もあります。

もちろん、健康に良い効果もありますよ!だから、男女問わず、年齢問わず豆乳の人気があります。

健康面で言うと、コレステロールを下げたり、ガン予防効果もあることで話題になっています。

ただ、大豆イソフラボンを摂り過ぎると逆に乳がんの原因にもなるのでほどほどに!

豆乳の副作用やデメリットとは?

豆乳は体に良くて美容効果も期待できる。なおかつ便秘解消にも効くのでおすすめの飲み物なのですが注意点があります。

どんなに体に良いと言われている豆乳でもメリットばかりではありません。

副作用というかデメリットとしては、次の症状・病気のリスクが上がることです。

  • 甲状腺機能
  • 骨粗しょう症
  • 乳がん
  • 不妊症

これらのリスクが高くなります。と言っても、コップ1杯程度なら問題ありません。過剰摂取した場合のトラブルです。

豆乳がいくら好きでも、普通の水のように1日にたくさん飲むものではありません。

大豆イソフラボンの過剰症を引き起こすことがあります。

それ以外にも、たんぱく質分解酵素の働きを邪魔する栄養素もあるので注意が必要です。

豆乳には便秘解消効果がありますが、その理由の一つでもあるマグネシウムも摂り過ぎると軟便になる可能性があります。

また、大豆アレルギーの方は飲むことができません。大豆が原料なので、便秘でも豆乳を飲むのはNGです!