新ビオフェルミンS錠は便秘に効果ある!?

この記事は約 5 分で読むことができます。

便秘薬はたっくさんありますが、その中でも一番有名な薬と言えば『新ビオフェルミンS錠』ではないでしょうか??

テレビコマーシャルでもリズミカルな曲で有名ですよね!

便秘薬・整腸剤の部類の医薬品ですから、はっきり言って便秘に効果があります。

新ビオフェルミンS錠には、「ビフィズス菌・フェカリス菌・アシドフィルス菌」という3種の乳酸菌が使われています。

どれも、健康食品にも使われている乳酸菌の種類で、腸内環境を整える働きがあります。

これらの乳酸菌が腸内に行き届き、善玉菌が増えて悪玉菌が減少することで便秘が改善される仕組みになっています。

同じ薬でも、直接的に腸を刺激する下剤よりはやさしさがあるところもメリットです(`・ω・´)

つまり、便秘解消効果というよりは、整腸効果によって便秘を改善する仕組みになっています。

なので、即効性には少しかけるところがデメリットです。

また、効果には個人差があるので、新ビオフェルミンS錠が効かなかったという人もいます。

新ビオフェルミンS錠とビオフェルミンR錠の違いとは?

新ビオフェルミンS錠と似た薬で言うと、「ビオフェルミンR錠」です。

まぁ薬品名が違いますから、二つは別物です。

どちらも効果においては基本的に違いがないのですが、ビオフェルミンR錠の方は抗生物質に耐性のある乳酸菌を使っています。

ですから、大腸菌などの影響で下痢になっている場合にR錠と抗生物質を併用することで腸内環境がキレイになります。

ちなみにR錠は病院で処方されることもあります。

ビオフェルミンR錠は抗生物質に強いので、たとえば重い風邪を引いた時などに抗生物質と一緒に処方されるのが一般的です。

便秘自体を解消する薬というよりは、抗生物質による胃腸への負担を軽減するための薬かもしれません。

よく、強い薬を処方されるときに胃薬も一緒に処方されると思います。これと同じように、R錠を使います。

一方のビオフェルミンS錠はごく普通の乳酸菌です。

ビフィズス菌など3つの乳酸菌が使われていて、どれも抗生物質に対する耐性がありません。

ですから、抗生物質と併用すると大切な乳酸菌が死滅してしまうので気を付けてくださいね。

新ビオフェルミンs錠の飲み方、注意点、副作用とは?

新ビオフェルミンS錠は整腸剤で、一般的なよくある便秘薬・下剤とは飲み方が違うのでご注意を!

基本的に1日3回服用することになります。1回の服用量は3錠です。

普通、下剤は1日1回、夜に服用しますが、このように飲み方が違うので気を付けてくださいね!

ちなみに配合成分は乳酸菌なので、妊娠中や授乳中でも服用して問題ありません。

ただし、妊娠中でもしていなくても、飲み過ぎは絶対NGです!1日3回、各3錠を定期的に続けるようにしてください。

もしこれで効果が出ない場合は、腸内環境意外に問題があるかもしれないので、早めに病院で診てもらいましょう。

さて、気になるのは副作用ですよね・・・。一応、薬なので副作用を理解した上で使ってください。

新ビオフェルミンS錠は効果に個人差があり、効きすぎてしまうケースもあります。

となると、想像できると思いますが「下痢」が副作用としてあげられます。

とくに乳酸菌や乳製品が合わない、摂るとお腹を下しやすい人は注意してくださいね。

便秘薬や整腸剤では便秘を繰り返す・・・

便秘薬や整腸剤は強引に便を出してしまうので、どうしても胃腸に負担がかかってしまいます。

結局はその場しのぎの便秘対策だから、またすぐに便秘になり、その都度便秘薬を使わなくてはいけません。

トイレに行くたびに便秘薬を使うといった生活になる可能性もあります・・・。

つまり、便秘薬に頼っている状態は根本的な解決にはなっていないんですね。

じゃあどうすればいいの?って話になりますが、、、

根本的な便秘対策をするためには、お通じを良くすると同時に、便秘にならない体づくりをしなくてはいけないんです!

とくに便秘とむくみが同時に起こっているあなたは要注意です!

便秘とむくみに心当たりがあるというあなたは、食生活が乱れていたり、運動不足になっていたり、不規則な生活習慣になっていませんか?

もちろんこれらはあなたの努力次第で改善することができますが、仕事や家事で疲れているときに、適切な運動や食事、睡眠時間を確保できるでしょうか。

毎日忙しく働いているあなたには、とても負担になり逆にストレスを感じてしまうでしょう。

1、2週間なら続けることができるかもしれませんが、体質から変えるとなると、長く継続する必要があります。

現実的に考えても、運動や食事、生活習慣を変えるのは簡単ではありません。それに大変な努力と時間が必要になるはずです。

もし「どうしても時間が取れない、でも根本的に便秘を解消したい」というあなたは、便秘薬ではなく漢方薬を試してはいかがでしょうか?

漢方はこれらの原因から起こる「めぐりの悪さ」を改善し、自然なお通じへと導いてくれます。

しかも便秘薬のような激しい副作用はありませんし、むくみや便秘にしっかりと効いてくれるので、健康的に便秘解消することができるのです。

でもいろんな漢方がある中でどれを選べばいいの?と、迷ってしまうかもかもしれません。

そんなあなたには、「防風通聖散」がおすすめです。

「防風通聖散」と呼ばれる種類の漢方薬には、便秘とめぐりの両方に効果があります。

その中でもこちらの「生漢煎」という漢方薬は医薬品として認められていて、とくに効果が高いことで知られています。

便秘やむくみ以外にも肥満、肩こりといった症状にも効き目があるので、肥満による便秘の人にも有効です。

1箱に1ヵ月分(90包)入っているので、ガンコな便秘で悩んでいる人もじっくりと治していくことができます。

銀色のスティックタイプの包で、1回分ごとに分けられています。

中身は顆粒になっているので、とても飲みやすくなっていますし、錠剤のように喉に詰まることもありません。

つらい便秘で悩まれているのなら、1度お試しになられてはいかがでしょうか?

 生漢煎【防風通聖散】

【重要】便秘を治したくない人は見ないでください!

乳酸菌EC-12サプリ
1400万袋突破している久光製薬のサプリ。どうしてもスッキリできない方はコレ!
オリゴ カイテキオリゴ
日本一売れているスッキリ対策オリゴ糖。全額返金保証付きです。
カルグルト
人気急上昇のスッキリサプリ。
 
※便秘を治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】便秘対策サプリランキング!【ベスト3】