ココアを飲むと便秘解消できる?逆に便秘になる??

この記事は約 3 分で読むことができます。

2015-01-17_132956-compressor

飲み物によっても便秘になったり、逆に快便になることがあります。

基本的にお茶やお酒は利尿作用があるので便秘になりやすいタイプのドリンクです。

コーヒーも便秘になりやすいと言われていますが、「ココア」はどうでしょう??

カカオを使っていてイメージ的には便秘になりそう、でもミルクも入っているので便秘に効きそう・・・。

実はココアは便秘解消に良い飲み物なんです!

実際にココアを飲んでみたらお腹がスッキリしたという意見も多くてビックリするほど。逆に「便秘になった」という話はあまりありませんでした。

私も試してみたのですが、なんだかお腹の調子が良くなった気がします^^

もちろん効果に個人差はあると思いますが、便秘を解消するちゃんとした理由があるんですよ。

ココアに含まれる「リグニン」という成分が食物繊維のような働きをするんです。

腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える他、便を大きくする働きもあるので便通改善にとっても有効なんです!

飲むタイミングは朝食前の空腹時と、夕食後が最適です。このタイミングでコップ1杯分飲むと、翌朝のお通じが良くなると言われています。

ココアにはどんな効果や効能がある?

ココアの味がただ単に好きでよく飲んでいる人が多いと思いますが、実は色んな効果に期待できる飲み物なんです!

便秘解消以外にも、女子必見の美容効果が!

ココアはポリフェノールを含んでいるので、老化の原因になる活性酸素を除去することができます。

血流もよくなって肌の新陳代謝が促進されます!

さらに、炎症物質の産生を抑制する働きもあるので、アンチエイジングや美肌に有効なんですよ。

美容面だけでなく、ココアは実は健康にも良いドリンクでした!

たとえば、女性に多い冷え性や貧血改善にも効果があるとか。冷え性は温度上昇の持続性が高いので、実は温熱効果の定番のショウガよりも優れていると言われています。

貧血は鉄分などミネラルが不足して造血機能が低くなっているのが原因ですが、ココアは鉄分を含むミネラルが豊富なので貧血気味のときにも最適!

また、ココアはリラックス効果もあります。

ココアの香りの効果もあって、飲むと緊張がほぐれて落ちつくものです。

含有成分のテオブロミンが脳内物質であるセロトニンに働きかける作用と、カカオポリフェノールがストレスを緩和する作用によって、リラックスすることができます。

イライラしたときなど休憩中に飲むのもおすすめですよ!

ココアの副作用やデメリットとは?

ココアは動脈硬化や風邪の予防、胃の健康にも良いと言われていますが、飲み過ぎは注意した方がいいですよ・・・(;´∀`)

ココアのデメリットはズバリ「糖分の多さ」です。

粉末のココアはお湯よりミルクで作った方が美味しいし、缶のココアはナッツなどをたっぷり使って甘みを出しています。

ですから、糖分が多くてカロリーが高いところがココアのデメリットです。

飲み過ぎてしまうと、当然「血糖値の上昇」や「太る」という副作用のようなデメリットがあります・・・。

ココアの飲み過ぎは生活習慣病でもある糖尿病の原因になります。

血糖値が上昇して戻らなくなると薬物療法が必要にもなるので気を付けた方がいいですよ!

それに女子としては太りたくないですよね・・・。

ココアの飲み過ぎは太ってしまうので、便秘改善や美容目的で飲む場合は量に気を付けてください。

適量は1回コップ1杯分です。便秘には1日2回が適量ですが、毎日毎日飲んでいると太りやすくなるので量や飲む頻度は調整してください。

ココアを主な水分補給に使うのが危険なだけで、適量なら問題ありません。健康に良い効果もあるので、適量を飲むようにしてくださいね。