キャベツを食べると便秘解消に効果ある?※食べ過ぎは病気になるので注意!!

この記事は約 3 分で読むことができます。

kyabetu-compressor

キャベツを食べると便秘解消する・・・というウワサ。

結論から言うと、本当です!

どうしてキャベツが便秘解消に効くのか予想がついている人も多いかもしれません。

「食物繊維が含んでいるからでしょ?」

まったくもってその通りです!(`・ω・´)ただ単に食物繊維を含んでいるだけでなく、凄いのは含有量です。

キャベツに含まれる豊富な食物繊維が、体内のコレステロールや老廃物を吸収して、なおかつ便の嵩を増やして排便をスムーズにしてくれます。

ですが!

それだけが便秘解消効果の理由ではありません。

意外と知られていないのですが、キャベツには『ビタミンU』というビタミンの一種が含まれています。

このビタミンの働きも便秘解消を助けてくれます。とはいえ、逆に便秘になるという話も…。

正直言うと、キャベツで便秘になるという説もウソではないんです。

ただし、食べ過ぎた場合のみ!

キャベツは水分や油分を吸収する働きがあるので、体内の水分・油分が少なくなっていると逆に便を硬くして、便が出にくくなってしまいます。

また、ガスを発生させてしまうので、食べ過ぎるとお腹が膨張してしまいます。

これは一時的な症状ですが、食べ過ぎには気を付けてくださいね。

キャベツの効果・効能は便秘だけじゃない!

キャベツは便秘以外にも色んな効果に期待できます。

やっぱり、体に良いと言われる野菜ですからね^^

便秘解消の決め手になる食物繊維は第6の栄養素と言われていて、5大栄養素のように健康のために欠かせません。

食物繊維によって便秘が改善されて腸内が整うと体調も良くなりますし、肌トラブルも解消できます!

それから、キャベツに含まれるビタミンUは胃にも良いんですよ!

便秘解消に働くと説明しましたが、具体的には体内に入ると胃の粘膜の保護を活性化する作用があるので、胃のケアにも効果的なんです。

ビタミンでは、CやKも含んでいます。

ビタミンCは美肌やアンチエイジング、生活習慣病の予防に効果的。

逆に不足すると、歯茎の出血や骨の形成不全などのトラブルが起こりやすくなります。

ビタミンKは止血機能や骨に関わる成分で、骨折や骨粗しょう症の予防、動脈硬化の予防にも効果が期待できます。

このように美容や健康によく、なおかつ低カロリーなのでダイエットにもピッタリです!

キャベツの食べ過ぎは、甲状腺機能低下症や甲状腺腫になる!

キャベツの食べ過ぎは便秘を誘発するだけでなく、「甲状腺」という内分泌腺にも影響を与えてしまうのでご注意を!

結構有名な話かもしれませんが、キャベツを食べ過ぎると「甲状腺機能低下症」や「甲状腺腫」になると言われています。

そのメカニズムですが…、

掻い摘んで言うと、甲状腺機能を正常に保つため、甲状腺ホルモン不足をひきおこしてしまうからです。

甲状腺ホルモンは「ヨード」というミネラルを原料として形成されています。

キャベツに含まれる「ゴイトリン」という成分はヨードの吸収を妨害してしまうため、結果的に甲状腺ホルモン不足を誘発してしまいます。

こうして機能が低下したり、甲状腺腫が作られやすくなってしまうらしいですよ。

キャベツの食べ過ぎは、このようなリスクもあります。

ただ、あくまで食べ過ぎた場合の話で、基本的には健康や美容に良い栄養素がふんだんに含まれている野菜なので適量の補給はおすすめです。

ダイエットにピッタリの食材とお話ししましたが、単純にキャベツばかり食べるようなダイエット法はNGです。

食事の前に少量のキャベツを食べるなど、食べ過ぎないように気を付けてください。

【重要】便秘を治したくない人は見ないでください!

乳酸菌EC-12サプリ
1400万袋突破している久光製薬のサプリ。どうしてもスッキリできない方はコレ!
オリゴ カイテキオリゴ
日本一売れているスッキリ対策オリゴ糖。全額返金保証付きです。
カルグルト
人気急上昇のスッキリサプリ。
 
※便秘を治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】便秘対策サプリランキング!【ベスト3】